Secoroc COP W4

2017年第2四半期に、地熱ダウンザホールハンマー新製品を全世界で発売予定

地熱エネルギーの人気の高まりに対応して、セコロックは、新しい地熱用Secoroc COP W4ダウンザホールハンマーを発売します。

“Secoroc COP W4は、市場の既存ハンマー製品と比較して、生産性が平均10%向上していることが実証されました。 ”

Pavel Vedeneev, DTH機器製品ラインマネジャー

現場掘削者とカスタマーセンターの意見を注意深く聞き、最高の地熱ハンマーに期待される価値を分析しました。世界各地の多くの坑井掘削企業からの意見をもとに事前調査を完了した後、お客様が求める価値を実現するハンマー設計に取り掛かりました。


完璧に作業を完了できることを実証した、信頼性と効果の高いハンマーをお客様に提供することを重視しました。そのため、ハンマー発売に先立ち、25万メートルを超える掘削試験を実施しました。試験では数十もの掘削会社の協力を得て、ハンマーを完璧に調整しました。


Secoroc COP W4は、市場の既存のハンマー製品と比較して平均10%生産性が向上することが実証されました。これにより坑井掘削数の増加と最大15%のディーゼル燃料の消費量削減を見込むことができます。


部品数を削減した新設計の採用により、ハンマーの操作と整備が非常に容易になりました。また、ハンマーにはエコノミーキットが用意されており、修理すれば生産性が損なうことなく、最高100%寿命を延長できます。これは独自の設計と最良の材料の採用によって実現しました。地熱掘削市場では、このハンマーが生産性を損なわずに修理できる唯一の製品です。


別途エアパッケージをご利用いただくと、ハンマーの生産性がさらに高まります。35 barコンプレッサを使用すると、最高の成果を得ることができます。


ニュース 製品