Secoroc COP 66

- 実績ある設計をさらに高速、軽量、小型化

2015/02/25

2014年3月6日 – COP 66ハンマー新製品と新しいプラットフォーム設計は、ダウンザホールドリリングの真の革新を示すものです。直接違いを確認して実感してください。本体長が短く、軽量で、排気チューブが排除され、中央部に排出穴がない頑丈なビットを装備します。しかし最大の違いは、従来以上に簡単な操作性です。

高速のさく孔

COP 66では、先行機のCOP 64 Goldよりもさく孔速度が15%高速になりました。しかし、改善はこれにとどまりません。COP 66はフィード力と回転を簡単に調整できるため、オペレータは操作がしやすくなり、ビジネスの生産性が高まります。

より高い信頼性

独自の新設計の採用と空気消費量の削減により、COP 66の掘削速度が高速になっただけではなく、ハンマーの摩耗も抑えられるため、掘削時間も延長できます。さらに、少ない部品数で、30%本体長が短縮され、軽量で耐用期間の長いハンマーが実現し、高い信頼性で経済的に稼働できます。

新時代の掘削に対応した設計

COP 66は、アトラスコプコのSmartROCとFlexiROCドリルリグの新世代製品として設計されました。最先端の掘削技術に最大30 barのエアパッケージを組み合わせました。これを上回る組み合わせはありません。

定評あるサービス性

COP 66は、高い信頼性と迅速で容易な整備を目指して設計されています。Eキットなどの革新技術により、COP 64 Goldの修理回数は1度のみであるのに対して、COP 66は通常の摩耗状態であれば、寿命中2回修理が可能です。

その他のオプション

COP 66の他にCOP 86ハンマーもご用意しています。新しいCOP 86は新しいCOP 66のメリットをすべて備えていますが、COP 66ではサイズオプションが異なります。