RigScanをヨーロッパに導入

2016/01/15

アトラスコプコは成功を収めているRigScanサービスを、このたびヨーロッパのドリルリグ所有者とオペレータ向けに導入し、計画的メンテナンスの向上を図ります。

アトラスコプコのRigScanサービスでは、分解やコンポーネントを取り外す必要なく土木鉱山機械の状態を診断できます。このサービスは2014年に北米に導入されましたが、新たにヨーロッパでもご利用いただけるようになりました。RigScanは、ドイツ・ミュンヘンで開催されるBauma 2016展示会(4月11日~17日)でヨーロッパで公式に発表されます。RigScan検査により、詰まりや内部の漏れなど、リグの摩耗や不具合を診断できます。このサービスは、熱画像用ハンドヘルド装置をはじめとする様々なハイテクツールを使って、アトラスコプコの認定専門家が実施します。約500項目を点検し、結果を事前設定されたサービスプロトコルに照らして診断します。このサービスは米国で高い評価を受けており、請負業者は定期的にこのサービスを利用して、次の作業に移る前にすべてのドリルリグの状態を点検しています。その一例が、ネバダ州バトルマウンテンの採掘請負業者Small Mine Development(SMD)社です。SMDではRigScanを利用して、連続地下掘削の終了後、しばらく稼働を休止していたアトラスコプコBoltecロックボルト用リグの状態を診断しています。

“RigScan検査を利用すると、新品のリグの納品を待ったり、再製造時に代替のリグを調達するよりも短期間で、所有している資産の稼働を再開できます。”

Mike Schomer, SMDメンテナンス監督者

Bauma 2016では、屋外エリアのスタンド1108でRigScanの実演を実施します。米国のSMDで実施したRigScanサービスのレポートの全文は、www.miningandconstruction.com でご覧ください。定期的なRigScan「状態チェック」が機器の連続稼働にいかに役立つかについては、www.rigscan-audit をご覧ください。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

RigScan製品マネジャー、ビル・スアンbill.xuan@us.atlascopco.com