アトラスコプコのMinetruck Mt6020はランプラーアグチャの衰退から誕生しました。

ラージャスターン州の亜鉛王

2015/05/22

相互理解と対話によってインドの鉱山が誕生しました。この世界最大の亜鉛鉱山の所有者であるインドのHindustan Zinc Limited(HZL)は、将来の課題や需要に対応するオペレーションの開発に成功しました。アトラスコプコとの長期的なパートナーシップによって、機械化の促進、生産性の向上、安全性の改善が実現します。M&Cが今までの進捗を報告します。

インドの北西にある広大なラージャスターン州は、マハラジャ、歴史的なランドマーク、壮大な宮殿で有名です。ただし、採鉱の世界では、この「Land of the Kings」は世界をリードする亜鉛生産業者の1つであるHindustan Zinc Limited(HZL)社の本拠地として認識されています。HZL社はVedanta Resources社の子会社であり、インドを本拠地とする亜鉛、鉛、銀、カドミウムの大手生産業者で、露天掘りおよび地下鉱山を含めた5つの採鉱作業場から採鉱した年間1600万トンを超える鉱石を生産しています。ただし、この会社は効率性、生産性、安全性における21世紀の課題に対応するために移動したため、現在注目を浴びているのはランプラーアグチャやカヤドの鉱山です。この過程で、長期的なサプライヤであるアトラスコプコとの気密な協力関係が特に有益であることが証明されました。

ランプラーアグチャでのターゲット

ジャイプールの北西約200 kmに位置するランプラーアグチャ(RA)はラージャスターン州の州都であり、世界最大の亜鉛鉱山と世界で3番目に大きい露天掘り作業場で知られています。過去5年以上にわたって、この作業場は段階的に露天掘り採鉱から地下採鉱に移行してきました。現在、両方のテクニックを同時に利用しており、露天掘り作業場では深さ最長372 mの場所でFlexiROC D50、D55、D60OおよびD65などのアトラスコプコのドリルリグ車両を使用し、地下鉱山ではそれより深い場所で作業を行っています。その両方を合わせて年間6.25 Mtを生産しています。

“2018年または2019年までに露天掘り採鉱で年間625万トン、地下採鉱で年間375万トンを達成することを目標としています。これまでの進捗は非常に順調です。”

Praveen Kumar Jain, ランプラーアグチャ鉱山の最高責任者であるプラビーン・クマール・ジャイナ

地下のRA鉱山では、これまでの進捗が、ドリルリグBoomer 282、Simba H1354、Boltec 235H、LHD Scooptram ST1030、Minetruck MT436BおよびMT6020を含めた広範囲にわたるアトラスコプコの車両の生産性と効率性に貢献しています。事実、進捗は目標どおりです。この会社は国際的な経験と実証済みのスキルを持つオペレータを配備し、現在、地下生産用の自動化された機械の導入について積極的に話し合っています。この鉱山では、機械化と自動化を促進するほど、安全性と精度のレベルが上がり、結果として生産性が向上し、オペレーション全体の費用効果が高まると信じています。

ウィンウィンの状況

30年を超える他の作業場でのアトラスコプコの装置を使用した作業経験を持つジャイナが、ランプラーアグチャに自信を持ってこの車両を導入したのは驚くべきことではありません。さらに、彼は両社の管理部門の恒常的な相互理解と対話が移行プロセスをスムーズにするために貢献してきたとも述べています。「わたしたちは過去数年間にわたってともに大きな学習曲線を経験してきましたが、現在ではウィンウィンの状況を確立したと考えています」

“わたしたちは次のレベルに到達し、互いの能力を利用できるようになりました。もちろん、現在では機械が長時間稼働し、迅速に対応する必要がある新しい問題が発生していますが、アトラスコプコがこのような新しい問題を解決してくれることを信じています。”

Praveen Kumar Jain

たとえば、装置の摩耗やオペレータの安全は最優先事項であり、数年以内に緊密な協力関係や革新的なソリューションが必要となります。地下作業部門の責任者であるコン・パニディスと、エンジニアリング部門の責任者であるディオン・ヨーベルトの両者が地下採鉱に従事し、鉱山での安全性を高め、生産性を向上させる1つの方法として、コンピュータ化の推進を主張しています。もう1つの方法はトレーニングを行うことです。「テクノロジーは常に進化しているため、オペレータのトレーニングが終わることはありません」とパニディスは述べています。ヨーベルトが次のように付け加えました。

“十分なトレーニングを受けたオペレータがダウンタイムの最小化と高い安全性の維持の鍵を握っています”

Deon Joubert, エンジニアリング部門の責任者