スウェーデン企業がScooptram GETバケットをアップグレードしてテスト

2015/06/07

狭い坑道と難しい鉱石の組み合わせに取り組む場合、スウェーデンのLovisa Mine社こそがアップグレードしたGET(高度で長期間利用できる機能を備えた新しいScooptramバケット)のテストに最適です。

GET system - side view

LHD車両に取り付けられたバケットは、猛烈な力で廃石杭に繰り返し貫入され、掘削における過酷な役割を担います。バケットの強度と耐久性を高める方法についての研究が鉱山で切望され、最近スウェーデンで行われた実地テストで証明されました。最初に2010年にリリースされたGETバケットには、柔軟なGround Engaging Toolsシステムが導入されています。アップグレードプロジェクトには、廃石杭の貫入力を向上させ、バケットの寿命を延長し、修理プロセスを簡略化し、生産性を向上させ、ダウンタイムと総所有コストを減少させるなどの多数の主要目的があります。テストが18か月以上続いた後、GETバケットが過酷な環境での作業に導入されました。Lovisa Mine社、Lovisagruvan社はリンデスベリの町の近くで亜鉛および鉛を採掘しています。

“バケットを変更すると、すべてのローダーでのダウンタイムがほとんどなくなります。これは最初の良い兆候です。”

Jan-Erik Björklund, Lovisa Mine社のゼネラルマネジャー

Lovisa Mine社はメーラレン湖の北のベルグスラーゲンというミネラル分が豊富に含まれる地域にあり、金属採掘の長い歴史を誇ります。廃石を含めて、年間100 000トンの亜鉛や鉛が生産されています。

狭い坑道、湾曲したランプ

鉱山の幅わずか3.5 mの狭い坑道のために、積み下ろしと運搬が生産サイクルの最も繊細な部分です。LHD車両はすべてのランプの厳しいコーナリングに対処する必要があります。もう1つの課題は、亜鉛と鉛の鉱石および少量の銀の混在で、これによって分別が困難になることがあります。それこそが、Lovisa Mine社がアップグレードされたGETバケットの理想的な実験場を提供している理由です。

“当社のScooptram ST7は通常は4時間かかる廃石の除去のほとんどを行います。これは砕石される約160トンの岩に相当します。”

Jan- Erik Björklund, Lovisa Mine社のゼネラルマネジャー

80~100 m離れた場所にあるローディングベイで、バケットの中身が直接運送トラックに投入されます。1日に約400トンの鉱石が廃石を取り除かれて運送されます。廃石は地下に戻され、空いた場所を埋めます。

30~40 %長い寿命

GETバケットは過酷な使用に耐えるように設計されました。バケットの端に設置されたGround Engaging Toolsシステムにより、オペレータのピーター・ヨハンソンによるテストで証明されたように、廃石杭の貫入力が向上します。

“6か月後にまったく磨耗していなかったことに驚きました。これは端がすぐに下がっていた以前のバケットとは大きく異なります。以前のバケットは頻繁に修理が必要でした。また、古いバケットでは、摩耗することがよくありました。廃石杭が摩耗すると、動作が遅くなります。新しいGETではこれが発生しません。”

Peter Johansson, オペレータ

バケットの貫入力の向上は、バケットの製造で使用される堅牢なスチール合金の結果です。これによって寿命も長くなり、テスト中に30~40 %向上したと記録されます。

取り外し可能な保守部品

従来のバケットとは対照的に、廃石杭に最初に接触するバケットの底面が取り外し可能ないくつかの部分に分かれています。これは、特定の部品(たとえば、角の覆い)の修理が可能であることを意味し、完全なオーバーホールが不要になったためにコストを節約できます。20年を超えるローディングの経験を持つステファン・ノードクヴィストによれば、メンテナンスが「数日ではなく、数時間に」なりました。

“GETバケットで、1時間足らずでサイドカッターを交換し、ローダーをバックアップして稼働させることができます。溶接が不要になったことは大きな安心材料です。”

Stefan Nordqvist, オペレータ

アトラスコプコの製品マネジャーであるヨハネス・トレッソンによれば、ほとんどの鉱山がGround Engaging Toolsを使用するメリットを理解しています。彼は「ボルトオン消耗部品の交換にかかる時間は、溶接による消耗部品と比較して、短くてすみます」と述べています。

続きを読む

ディーゼルローダー