Bilden får användas för en publicering sept 2014

マティアス・ペッタションはスウェーデンのアトラスコプコの採鉱およびトンネル掘削装置の自動化を担当しているチームの主要メンバーです。

地下の傾向についての考察

2015/12/15

将来の地下鉱山は鉱床から離れてアクセスしにくくなり、その結果として掘削が困難になります。この背景に対して、アトラスコプコのマティアス・ペッタションは採鉱会社が採るべき選択肢は1つだけだと述べています。

質問:地下鉱山における最大の課題をまとめるとどうなりますか?回答:最も重要な問題は、困難で危険な環境で鉱物や金属の掘削方法であり、効率的に安全に行う方法です。実際には、現在の多数の鉱山が枯渇しつつあり、次世代の鉱山が成功するためには完全に異なるアプローチが必要となります。質問:このような新しい作業が困難になるのはどのような方法ですか?回答:まず、これらの多くが非常に遠い場所に配置されているため、アクセスが困難です。2番目は、鉱体が非常に固く、複雑なインフラストラクチャが必要な現在の鉱山よりもはるかに深いところにあることです。3番目は、深く狭い不安定なエリアでの作業における課題には必然的に健康や安全性に関する問題が含まれます。環境や安全性に関する規制は厳しくなる一方なので、将来的にこのような危険な環境での作業は許可されなくなることは間違いないでしょう。質問:今後、採鉱会社が採るべき選択肢は何ですか?回答:私見では、1つの選択肢しかありません。自動化テクノロジーを最大限に採用すべきです。これが既に始まっていることは明らかです。自動化への関心と需要が以前よりも高まっており、その傾向は今年スウェーデンで開催されたEuro Mine展示会で明らかになりました。質問:地下での自動化による主な利点は何ですか?回答:安全性への明らかな影響とは別に、自動化は掘削作業を最適化するための中心的な役割を果たしています。たとえば、自動化によって機械がシフト間、発破中、夜間も稼働します。最適化によって装置を最大限に利用できるようになるため、必然的に生産性が向上します。質問:現在の鉱山には、どこまでの自動化テクノロジーが採用されていますか?回答:常に増加し続けています。その理由の1つは、現在までに多くの鉱山で通信インフラストラクチャが大幅に向上してきたことです。10年前には、無線ローカルエリアネットワークが実際に地下で利用できるようになると信じている人はほとんどいませんでした。現在では、自動化のためのアプリケーションのほとんどで、何らかの種類のネットワークにアクセスすることが必要とされています。ただし、自動化への関心が高まっているにも関わらず、多くの人が未だに懐疑的であることを忘れてはなりません。新しい何かやそれによる結果に対しては、少し不安に思うのが普通です。太古から現在に至るまで、主要なテクノロジーの転換時には同じことが繰り返されてきました。ただし、手動のさく岩機の時代に戻りたいと思う人はいないでしょう。質問:トンネル掘削セクターには、どこまでの自動化テクノロジーが採用されていますか?回答:掘削では連続生産が行われるため、自動化に適しているのは明白でしょう。特に、リモートコントロールを行う場合には、ある程度は正解です。ただし、トンネル掘削では、一貫した掘削精度を実現するシステムなど、オペレータの効率性を向上させるために役立つ自動支援機能がさらに必要です。監視とデータのロギングも自動化の重要な領域であり、トンネル掘削業者にとっての主要な利点が含まれています。質問:現在の自動化開発における主要な重点領域はどこですか?回答:アトラスコプコでは、装置の機能、オペレータの作業状況、データの収集と統合の3つの領域に注力しています。新機能の設計時における唯一の制限は、私たちの想像力と開発コストです。当社の新しい機械のすべてにおける大きな利点は、多数の自動化機能の追加が可能なコンピュータ制御されるコントロールシステムが組み込まれていることです。また、オペレータの作業現場を掘削現場からはるか遠くに移動することもできます。たとえば、現在オペレータは、落石の危険があるエリアを避けるために、ドリルリグから50メートル離れたところに立つことができます。ただし、オペレータをもっと遠い場所に配置することも容易です。たとえば、チリでは、ある鉱山でScooptramのオペレータを鉱山から80 km離れた場所に配置して、問題なく稼働させています(2013年のM&C No 2を参照)。Scooptramの自動化に関するもう1つの例では、カナダで主にオペレータに安全な作業環境を提供するための安全対策として使用されています。スウェーデンでは、LKAB鉱山で1つの中央制御室から1台のSimbaロングホールリグが稼働しており、同様のシステムがフィンランドと米国にも設置されています。

続きを読む