Swellexの安全性

課題

シェール岩盤内の水塊下の比較的浅い場所に大型トンネルを建設するにあたり、非常に狭い作業現場から、隣接する空港の操業に影響を与えずに作業する必要がありました。

“設置と膨張が簡単にできるため、アトラスコプコのロックボルトを選択しました。迅速なサポート、ほぼ遅延のない生産時間、ボルトが完全に膨張して支持部になるという安心感を得ることができました。さらに、利用できる引張り試験機と優れた製品サポートも活用できました。”

Joe Dimillo

ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港

このプロジェクトはトロント港に面する繁華街で実施され、地下125フィート、オンタリオ湖底から35フィート下にトンネルを掘削して、トロント島の空港と本土を繋ぎ、ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港まで歩行者が自由にアクセスできるようにします。現在はフェリーサービスを利用できます。ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港の歩行者用トンネルは、現在、島と本土を歩道で繋ぐ唯一のトンネルです。トンネルが完成する21世紀には、本土側のシャフトエレベータと島側の傾斜エスカレータが稼働を開始します。


ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港

Technicore Underground社はオンタリオ州ニューマーケットに本社を置き、1997年にオーナー取締役のトニー・ディミロ氏が設立した家族経営の会社です。その息子のジョーイ・ディミロ氏がプロジェクトマネジャーとして、杭列の起工式から現在建設中のコンクリート注入までを監督してきました。杭列壁はタイバックとストラットを組み合わせて支持され、本土側と島側のシャフトはワーラーで支持されます。必要に応じてロックボルトとメッシュを取り付け、安全な作業条件を整えました。シェールは石灰岩をほとんど含有しません。強度は80~100 MPaです。

アトラスコプコのセールス担当者が常時待機して、Swellexボルトに使用するさく孔径を推奨しました。さらにアトラスコプコ社員が、Swellexボルトの設置とPSP 300RDP空圧ポンプとH1油圧Swellexポンプで作動して、膨張アームに供給する手順に関する現地トレーニングを実施しました。製品供給の一環として、Technicore社員に対して、当社のPM12およびMN24 Swellexボルト用引張り試験機の使用に関するトレーニングを提供しました。

地表面から掘削が開始され、長さ15 mの杭列により地盤に過負荷をかけ、シャフト開口部を安定させました。本土側のシャフト深さは28 mですが、残り13 mにも数列のタイバックアンカーを取り付けました。

トンネル円弧の支持部には、Technicore社がこのプロジェクト用に開発した独特な設計コンセプトが採用されました。水平な杭列トンネルを結合する、径2 mの7つの弧で構成されるメイントンネルの天井部を、ツイントンネルボーリング機械を使って掘削してコンクリートを注入しました。杭列トンネルにセメントを注入する前に、長さ1.2 mのSwellex PM12ボルトを臨時の支持部として、トンネルに取り付けました。


メインシャフトのアンダーカット壁には、3.6 mのPM12 Swellexボルト取り付けが必要でした。メイントンネル全体は幅11 m、高さ7.3 m、長さ183 mの仕様が必要でした。トンネル断面を掘削した後、長さ3.6 mのMN24 Swellexボルトを5列、地盤支持として設置しました。

“設置と膨張が簡単にできるため、アトラスコプコのロックボルトを選択しました。迅速なサポート、ほぼ遅延のない生産時間、ボルトが完全に膨張して支持部になるという安心感を得ることができました。さらに、利用できる引張り試験機と優れた製品サポートも活用できました。”

Joe Dimillo

このプロジェクトを完了するまでに、多くのパートナーが関与しました。Technicore社は本土側と島側のシャフト掘削、メイントンネルの掘削、地盤支持、最終的なコンクリート構造物を担当しています。フォームとコンクリートは、Technicoreグループ会社の別部門であるTechMix社から供給されます。

PCL Construction Canada社は、本土側のエレベータシャフトの建設と島側の傾斜エスカレータ建設を担当するゼネコンです。このプロジェクトにはフォーラムが資金を提供しており、エンジニアリングコンサルタントのArup Tunnel Designers社がトンネル設計を担当しました。トンネルはPC3プロジェクトで、設計・建設契約です。このトンネルは動く歩道で本土と島を接続する唯一のもので、トロント島の空港へのアクセスが改善されます。

アトラスコプコは、画期的な瞬間に立ち会い、サステナビリティを実現する安全なソリューションを提供できたことを誇りに思っています。

お客様 Technicore Underground社(カナダオンタリオ州ニューマーケット)課題 隣接する空港の操業に影響を与えず、プロジェクトを完了する。アトラスコプコのソリューション 掘削機器(タイプ、容量、さく孔速度、競合製品との比較)をアトラスコプコが推奨。Swellex PM12 x 1.2 mボルト、Swellex MN24 x 3.6 mボルト、Swellex PM12 x 3.6 mボルト、SP 300 RDP空圧ポンプ、H1油圧Swellexポンプ、引張り試験機の結果/メリットメリットと結果 • ほぼ遅延のない生産時間(グラウチングと設定時間が不要)• 容易な設置と膨張• 引張り試験機が利用可能• 安心感(ボルトを完全に膨張して支持)• 製品サポート/在庫