ガーペンバーグ鉱山、Powerbitを採用してビット寿命が延長

Boliden社は、最近のガーペンバーグ鉱山への投資により、世界有数の現代的で生産性の高い鉱山へと変えました。13世紀にさかのぼる長い歴史を持ち、今も現役のこのスウェーデン最古の鉱山にとって、これは素晴らしい偉業でした。

“Powerbitのさく孔速度はほぼ同じなのに、耐用期間は大幅に長いです。”

Mikael Waldén, Berg- och Byggteknik社の掘削担当者

2016年にフル稼働に達した時点で、この複合鉱脈の生産量は年間250万トンになる予定です。この鉱脈には亜鉛、鉛、銅、銀、金が含まれています。尾鉱砂の約半分は鉱脈に埋め戻し、残りの年間約100万トンを尾鉱沈殿池に堆積させています。沈殿池の水のほとんどは再循環させて選鉱プロセスで再利用します。余った水は水処理施設でろ過し、浄水にして近辺の水源に排出しています。毎年ダムの水位を1 m上げる必要があるため、周辺でトップハンマーによる掘削と発破を実施し、ダムの水位上昇に使用する材料を得ています。
ガーペンバーグ鉱山の中硬で摩耗性が非常に高い岩石は、ドリルビットを使用する場合にかなりの難題となります。通常の耐用期間はビット当たり約250メートルです。Powerbitの試験は、12.0または12.7 mmのTrubbnosボタンを備えたリトラックPowerbitを使って実施されました。このPowerbitを従来の掘削作業で通常使用していた12.0 mmセミバリスティックボタンビットと比較しました。テスト結果は良好で、予想を上回るものでした。12.0 mmボタンのPowerbitと上記ビットとの比較結果は、Powerbitのさく孔速度はわずかに優れ、耐用期間は大幅に長いことを示しています。さらに目覚ましいのは、12.7 mmのHD(ヘビーデューティ)ボタンを装備したPowerbitは、さく孔速度をほとんど低下させずに、耐用期間を75 %も延長するという事実です。
最終的にPowerbitは、初回リグラインドまでの掘削距離、次のグラインドまでの掘削距離、ビット交換時の総掘削距離のすべてで従来を上回る数値を達成しました。「Powerbitのさく孔速度はほぼ同じなのに、耐用期間は大幅に長いです」とBerg- och Byggteknik社の掘削担当者のマイケル・ウォルデン氏は言っています。スウェーデンのガーペンバーグ鉱山の硬質で摩耗性の高い岩石の掘削を成功させた一番の要因は、Trubbnos研磨ホイールを使ったことでした。リグラインドするたびにTrubbnosボタンの形状が再形成されることで、グラインドの頻度が低下し、ビットの全体的な寿命が大幅に延長されました。


詳細情報

Trubbnosボタンを備えた各種Powerbitと参照ビットとの比較

削岩工具