一連の機器の管理を次の段階に推し進めるCertiq

2016/06/09

アトラスコプコの新しい機械監視システムであるCertiqは、機器のオーナーがその一連の機器の性能について継続的に最新情報を入手し、積極的にメンテナンスを実施し、コストを削減できるような道を開きます。フランス南部にあるChaux de Provence採石場のオーナーであるLhoist社は、その典型的な例です。

時刻は午前5時。場所はフランスのプロバンス。ドリルリグオペレータ、ガブリエル・ゴンザレス氏はすでに起床し、仕事着に着替えています。間もなく、地元の採石場に出勤し、アトラスコプコ製のSmartROC C50ドリルリグを始動させます。現在、午前6時。一方、リグのオーナーであるベンジャミン・ドゥバー氏は地球上の他の場所、おそらく別のタイムゾーンにいます。しかしながら、わずかワンクリックでアクションを実行できます。ドゥバー氏は、Chaux de Provence石灰石採石場を運営する国際的な建設業者であるLhoist Southern Europe社のプラント責任者です。彼は、出張で遠く離れた場所にいても、プラントのさまざまな状況についてきちんと把握する必要があります。たとえば、リグの位置、燃料状態、エンジンおよび油圧オイルの圧力、さらには、早急に対応が必要な警告があるかどうか、などです。また、正確なタイミングで爆破作業を開始できるように、何個の孔がどれぐらいの深さで穿孔されたかについても知る必要があります。インターネットにアクセスできる限り、彼はすべてのデータに簡単にアクセスできます。21世紀では、掘削の現場はこのような方法で管理される事例が増えています。

“Certiqを使用すると、時間と距離に関係なく、関係者全員に技術的な支援を提供できるようになります。”

Benjamin Dubar, Lhoist Southern Europe社、プラント責任者

リアルタイムデータ

Certiq M&C

Lhoistは、アトラスコプコの新しいテレマティクス*システムであるCertiqを採用している、さまざまなヨーロッパ企業の1つで、ドゥバー氏のような機器のオーナーは、世界中のどこからでも24時間365日、リアルタイムで操業状態の全体的な概要を把握できます。Certiqは、Webポータル経由で重要な機器データを収集および比較し、ユーザーに通知します。これらの情報は、一連の機器に含まれる機械ごとに、表、グラフ、棒グラフで表示されます。これ以降、アトラスコプコは、地上および地下両方の用途の鉱山および建設機械の大部分でCertiqシステムを順次導入する予定です。そのメリットはわかりやすいです。たとえば、メンテナンスをリアルタイムで計画できるため、正真正銘の事前対応が可能になります。これにより、非稼働時間が短縮され、1日のうち最も都合の良い時間帯にメンテナンスを実行できます。遠隔からアラートやシステムにアーカイブされた履歴データを利用してトラブルシューティングを実施できます。また、Lhoist社のような企業は、追加でオペレータをトレーニングする必要があるような改善が必要な分野を特定しやすくなります。


オンラインでMining & Construction社の記事全文を読む。


岩盤補強 切羽掘削リグ 地下採鉱 トレーニング ロックボルト用リグ