新品同様 - 市場の再製造需要に対応

2013/08/13

再生部品や、ドリルリグ全体、ローダーおよびトラックの需要の増加に対応するために、アトラスコプコの再製造サービスが世界中で展開され、拡大しています。機器の所有者にとって、再製造ソリューションは、資産とコストの柔軟性を最大限に高められる完璧な方法です。

採掘装置の主要な構成部品の再製造に対する需要はますます高まっており、アトラスコプコは、これらのサービスを世界中の複数の場所でさらに展開することでこの需要に対応しています。鉱山では、コストを抑える必要があると同時に、可用性を高める方法を模索しているような状況なので、再製造が価値ある短期的な選択肢として浮上しています。採鉱企業にとって、主要な構成部品だけでなく、製品全体を再製造することには次のような重要なメリットがあります。

  • 部品を再製造し、製品をサポートするようなシングルソースサプライヤを確保することで、質の高い仕事と部品が確実に手に入ります。
  • 多くの場合、再製造された構成部品には、新製品と同様の保証または延長保証が付いています。
  • 鉱山は操業を続けることができ、生産性が維持され、新しい設備への投資を検討する時間が増えます。
  • 再製造に必要なコストは、同等の新製品のコストよりも大幅に低いです。
  • これらのサービスの需要を満たすために、アトラスコプコサービスは専用の「再生増」設備での再製造能力を強化しています。

    ガーランドで基準を打ち立てる

    As good as new - meeting market demands for remanufacturing

    テキサス州ダラスのガーランド市は、装置の構成部品を再製造する米国の拠点であり、さらにはアトラスコプコのPit ViperとDMドリルリグの製造の拠点でもあります。ここで開発されたプロセスおよび手順は、世界中の他のすべてのアトラスコプコの再製造センターの基準としての役割を果たします。ガーランド再製造センターは、2009年の開業以来、大きく発展しています。2012年には大幅に拡張され、3,700平方mの施設には、最新のツールとテスト機器が装備されています。これらの装備には、再製造されたすべての製品向けのアトラスコプコの産業用ツールと油圧テストツールが含まれます。5つの作業区画では、主にポンプやモーターに加え、ロータリヘッド、突き当て、シリンダやドライブが再製造されています。油圧部品だけでも、構成部品の再製造をサポートするために、180種類以上の予備部品が在庫に用意されています。進化を遂げ続けるこのセンターの次のフェーズでは、さく岩機の修理に加え、車軸やトランスファーケースの再製造が追加される予定で、すべてOEM部品を使用して、OEMの仕様を厳密に満たします。主要な構成部品の再製造が必要な場合は、まず地元の認定技術者による目視検査を実施します。筐体の亀裂など大きな故障のある部品は、再製造の候補とはみなされません。構成部品が再製造の対象となると、専用ボックスでガーランドに送付されます。


    オンラインでMining & Construction社の記事全文を読む。


     


    露天採鉱および採石 ドリルリグ 鉱業 サービス 露天採鉱 ロータリブラストホールドリリングリグ