予防保全

連絡先

コスト削減と品質改善にご興味をお持ちですか?

Service, people, Miele

アトラスコプコの産業用動力ツール用に開発された予防保全(PM)プログラムについてのご紹介です。組み立てラインか、固定ステーションか、また使用ツールの型式やその他の項目によって節約できるコストは異なります。通常、低負荷の生産環境では、PMの実施は年に1度で十分ですが、高負荷の生産環境では、PMプログラムをカスタマイズするのが一般的です。その場合、各締付けステーションの主な特徴、つまり、ツールの型式、使用トルク、生産速度、ジョイントタイプなどを検出する信頼性重点保全(RCM)プログラムを運用します。これらのデータを活用して保守コストと故障時の運用コストのバランスを考慮して、生産オペレーションに最適な保守プログラムを考案します。RCMは、電動ツールのみならずエアツールにも適用できます。高負荷な生産環境の某エンジン工場で3種類の保守サービス商品を評価していただいたところ、次のような結果となりました。修理のみ = 1年で32%のツール故障率 標準の定期的PM = 1年で13%のツール故障率 RCMベースのPM = 1年で2%のツール故障率 お客様の実際のオペレーションにおける具体的なコスト削減率については、アトラスコプコサービス部門の担当者にお問い合わせください。