生産性と工程時間

多軸締付けのステーションは、工程時間が速くなるという利点があります。1回の起動ですべての軸の締付けが完了するのに対して、単軸締付けでは繰り返し動作が必要になります。半自動型ステーションでも、設備が作業工程を完了し、次の工程のために原位置に戻る間は、オペレータが次の業務や工程に関する作業を続行できるようにすることで工程時間を節約できる利点が得られます。

柔軟性と生産ラインの再編成

アトラスコプコでは、生産ラインの再編成に関する昨今のニーズを常に念頭に置いて半自動型ステーションを設計しています。多様な組み立て部品のニーズと生産能力の変動は最も重要な検討課題です。

稼働時間と最適化

機械的な自動化を減らすことと、耐久性のある設計にすることは、最適な稼働時間と製造の効率に寄与します。簡単に行える計画的な予防保全と軸の設計提案は、サービスサポートの対応を早くしてくれます。よく編成されたローカルでのサービスサポート体制、潤沢に在庫されている予備部品、アプリケーションセンターやプロジェクトチームに所属する専門員への問い合わせ、これらの点をアトラスコプコはお客様にお約束しております。

半自動化

締付けシステムの世界では、締付け工程は、手持ち型、半自動型、全自動型に大別されます。半自動型は、オペレータがシステムを制御する方法で多くの場合、複数のボルトを締付ける両手ハンドルのシステムを使用します。半自動型には多くの利点がありますが、その中でも特に、ジョイントには、より正確な締付け力が適用され、高いレベルのポカヨケが可能になることで、締付け品質が改善されることが最大の利点となります。つまり、正しいボルトを正しい締付けプロセスで、もちろん人間工学的に快適で安全に、オペレータに負担のかかる反力はない状態で常に行われるようになる、ということです。

シリンダヘッド オフロード

Loading...
Loading...

リングギア パワートレイン

Loading...
Loading...