エアモータを設置する

エアモータを駆動させるには一定量のエアと圧力が必要です。そのため、適切な寸法の供給/排気ホースを選択する必要があります。

エア配管

エア配管が長すぎたり、直径が小さすぎと圧損が起こります。これは出力の損失に直結します。排気側エア配管の直径は、給気管の直径より大きくするべきです。排気は給気よりも体積が大きくなるからです。入口圧力6.3bar(= 絶対圧7.3bar) で、出口圧力が大気レベル(= 絶対圧1bar)だったら、体積の増加係数は7.3になります。つまり、入口管と出口管の直径が同じである場合、実際には背圧が高くなり、モータの効率が低下することを意味します。

エア供給

安定した動作を保証するため、エアフィルタと(モータが潤滑油不要モデルではない場合)ルブリケータをモータから5m以内の入口側に取り付けてください。圧力調整器をエア準備パッケージに含めることをお勧めします。圧力調整器は必要な圧力を保持する機能があり、用途のニーズに合わせて正確な出力を調整することができます。重要: エア供給パッケージを選択する時は、モータの要件を満たすのに十分な流量を全部品が確保できていることを確認してください。

潤滑油

サービス期間と性能を最適にするためには、1㎥(1,000リットル)のエアを消費するごとに、エアモータに潤滑油を50 mm ³供給してください。潤滑量が不足していると、ベーンが摩耗しやすくなり、性能の劣化が早くなります。